わが子を救えなかったという罪悪感と自責の念に苦しむ自死遺族 (再投稿)

自死遺族が直面する困難の中で罪悪感や自責の念と言う負の感情は大変つらいものです。しかし、愛する人の死は誰のせいでもないのです。とても悲しいことですが、私たちは、ただの無力な一人の人間であり、他者の人生を変えることができるような力はないのです。たとえ、それがわが子であっても。

記事を読む →