チョコレートスフレがとっても良くできたので

お供え

フェニックスではほとんど雨が降らないので車のワイパーもあまり使うことがありません。でも、モンスーンシーズンが来ると必要になるので、スプレーが出るか、ワイパーがちゃんと動くか昨日試に動かしてみました。

「あっ! やば」と、思った瞬間スプレーは出たものの、運転席側のワイパーのゴムがピロピロとはげそのままワイパーが右に左にと動いてしまいました。古くなり劣化が始まっていたのと、この暑さで、ゴムがフロントガラスに引っ付いていたのでした~(>_<)

夫は、娘の誕生日の翌日六月十九日にアリゾナを発ち今はオハイオで秋になるまで帰ってきません。いつもなら、「壊れた~」と、取り換えてもらうところなのですが、今回は自分で取り換えないといけません。聞くと、家から車で30分のウォルマートに替えのワイパーが売っているとのこと。調達するにはここが一番近いので、今日はウォルマートまでお買い物に行ってきました。

せっかく買い物に出かけるなら他に入用なものもついでに調達してこようと、何がいるかリストを書き出している時に今朝ネットで発見したチョコレートスフレが作ってみたくなりました。

ということで、ついでにその材料も買うことに。

チョコスフレの材料も揃ったので生まれて初めてのスフレづくりに挑戦です!

娘の誕生日に作ったクックパッドのレシピで作ったチョコレートケーキは、いまいちだったので、今回こそおいしいチョコのお菓子を娘の仏前に供えたくて今回はプロのレシピです。

「やったー!!」

オーブンから出てきたスフレはいい感じ。

ムクムクとしっかり膨らんでます。

スフレは冷めるとすぐにしぼんでしまうので、急いで粉砂糖を振りかけると娘の遺影に供えました。

なんとなく写真の娘もいつもより嬉しそう。

そして、その横のダイニングテーブルで娘に話しかけながら一人ワクワクしながら生まれて初めて作ったチョコスフレの食味。

外側はふんわりと、中央はしっとり。

アツアツのチョコスフレはとってもおいしくできていました(^_^)

今回は、チョコレートも奮発してGHIRARDELLI IINTENSE DARK 72%CACAOを使いました。うまうまです!

暑ーい、フェニックスの昼下がり、自分で作ったMolten Chocolate Souffleを一人ニコニコしながら食べている54才の私は全く持って子供の頃に返ったような満面の笑みで満足でした。

Kind thoughts to yourself and others

Kind words to yourself and others

Kind heart to yourself and others

急に、ヨガのクラスに先生が「ナマステ」という前に手を合わせて言う言葉を思い出しました。「自分に優しくそして他者に優しく」・・・、ああ、これは仏陀が言っていた言葉と同じだと思いました。まず、自分が先に来ます。そして、自分が満たされたら他者にも分け与えよ、という・・・

そして、『あ、前回の「There is suffering in this world. (この世は苦悩で満ちている)」という自分の和訳は間違っている 』と、気が付きました。これは、「(満たされないという気持ちから来る)苦しみがこの世にはある」ということで、仏陀は、「苦しみ」が存在するという事実を認めよ、そしてそれは自分の欲が満たされないという気持ちからおこるということを知りなさい」と、説いていました。基となる苦しみの存在を認めずして悟りは得られないという事を意味しています。

また、「では「欲を捨てよ」と仏陀は言っているのかと言えばそうではない」と番組では説明していたことも思い出しました。ダライ・ラマがこういったのです。

欲がなくては悟りは開けない。

欲がなくては何事も達成できない。

仏陀は、悟りの境地に達したいという強い欲があったからこそ仏陀となれた。

自分や他者を傷つける欲は良くない、と、説いているのだ。

自分の欲に賢く付き合えということだ。

Happinessとは違うけれど、私はPeace of mind(心の平和)を見つけた気がします。悲しみの中にあっても、自分の心の持ちよう、つまり欲と上手に賢く付き合えば得られるものなのだと悟った気がします。とはいえ、、まだまだ初心者て゛「いつもその境地にいられる」という状態ではないですが(^_^;)

苦しみを取り除くには、「この世には苦しみが存在する」という事を認め、つまり、他のことに没頭したり、酒におぼれたりして悲しみや喪失をなかったことにするのではなく、自分の心の底にある様々な感情を受け入れ、それが「(こうであれば、ああであれば私は幸せなのにという)我欲」から来ていることを真摯に受け止め、自分や他者を傷つける欲を手放し賢くなれ、と言っているのだと思います。

Satisfaction(満足感)は、なんでもないちょっとしたことでもいい、その瞬間、その感情に満たされること、これは悲しみの中にあっても見つけられるPeace of Mindです。

「ここに娘がいたら、私はこんな情けない日々をおくっていなかった」「あの時電話をしていたら娘は今も生きていたかもしれない、私のせいだ・・・」と、自分にはどうすることもできない「我欲」を持ち続けることは自分を傷つけ苦悩が増すだけ。

それよりも私は「散々苦しんだ、娘は許してくれた、そして、今私のそばで笑って導いてくれている」と、我欲を手放すことを選びました。

これは、自分でできること、残された人生をどういう風に生きていくかは自分で選ぶことができる、そして、それは我欲と賢く付き合う方法を会得することなのだと思います。

それにしても、毎日お菓子を食べていると満たされるけど太るなあ~、一方の欲が満たされると他方の欲(健康でスリムでいたい)という欲が満たされないわ~。

そうですね、賢くあらねば。

中庸、物事はバランスが取れていて良しです。

半分は明日に取っておいて、食べ過ぎないようにしようっと(^_^)

チョコレートスフレがとっても良くできたので」への40件のフィードバック

  1. 普通はコメント書くのに少し時間を置くのですが(多分、Kikiさんもそうですよね?)今日だけチャット感覚で。

    お坊様にもお話ししたけど、お陰を頂くのも自分の問題に向き合うのも生きる本当の喜びに気付くのも、全然望んでなかった(笑)何も知らずに何事もなく愚かなままで死にたかった。なんて重い現実、宿命なんだろう、なぜ自分なんだろう。
    私、死ぬまで悟れないかも。仏になんてなれないかも。
    あんなに自利を得ないと利他も出来ないって感じながら、Kikiさんに、もう自分を責めないで罪を負わないで、と言ってしまう、ほんとしょうがない私。Kikiさんの姿に、私自身を見ているのかもしれません。

    何が幸せなのか分からないけど、自分の幸せを求めたこと、それ自体は間違ってないと思います。わがままでもいいんです。私も、Kikiさんも、子供達も。多分、夫も。私達の気付きは、私達がささやかな幸せを感じることは、ほんの少し誰かのことも心地よくさせるのかもしれない。私達の大事な娘に間に合わなかったけれど。
    でも、もしあちらの世界があるとするなら、それは仕方なくて、娘たちの方が私達を導く「親」なのかもしれないから。

    朝、目覚めて、泣きながらKikiさんにコメントして。着替えて犬と散歩のために玄関開けた瞬間、玄関目の前から綺麗なアゲハチョウが飛び立って。

    しろちゃんじゃないけど、「かさねさん?」

    勝手な思い込みなんですが、時々こういう瞬間があります。
    私、たまに「イタコ」にされてるのかな、って(笑)
    私の娘もほんとお人好しで、人のことより自分の心配してよ、って心配してるのですが、まるで自分のことで。
    私の中の光、探してウロウロしてます。
    やっぱりKikiさん、画面で拝んでおきます(笑)

    • とりこさま
      なんか最新の日にちのとこにおらんような気がしたら
      ここだったと?
      もう、あっちこっち探したっちゃけん。
      ここで完全にLINEみたいなチャットみたいな感じやん。
      というわけで、
      良い法要できて良かったですねえ。
      ありがたいお話を私もお裾分けしてもらえたし、嬉しい。
      私はそのあたりでは
      まだキキさんに出会えず、息できなくて血圧上がってましたよ。
      良い感じじゃないかな。
      絶対さきちゃんが、ありがとうって言ってる。

      今日友人のお母さんに会ったとき

      私はあの子の母で良かった、やさしくて良い子で良かったといったら、

      「あなたの育て方が良かったのよ。あなたが優しくていいお母さんだから、子供も良い子育ったの。あの子は寿命だったのよ。水害で亡くなった子もいるでしょう?この世はいつなにが起こるかわからない。とにかく亡くなったあとに、みんなが惜しんで泣いたり、神様みたいに思われる人って、尊い人なんですよ。あなたがどれだけ頑張って子育てしていたか、いまも懸命に生きてるか。私にはわかる」
      っていわれました。

      優しい子の親はだいたい優しい。
      だから自分を責める。

      貴女はいいお母さんといわれて、なんか娘が心配して
      そのお母さん借りていってくれたのかなあと思いました

    • あとね、とりこさん
      あの子たちは、時間も空間も次元も越える世界に移動しただけのような気がしますよ。

      別の友人から
      自死は彼女の表現の一部で、生の途中に過ぎないのではないかと。芸術家肌でしたからねえ、
      太宰治や川端康成と一緒って。芸術家の死なんですよ。
      この世はあの子たちが生きていくにはフィールド狭かっただけ、
      あと愛情伝える仕事が終わった。
      ただそれだけの話かもしれませんね。

      そういや心を持つ玩具のロボット発売らしいですね。
      そのうちかわいい人形ロボットがさみしいときに話し相手してくれるかもしれませんね。

      • しろちゃんさん、見つかっちゃった(笑)
        法要は、大切なグリーフケアだと思いました。でも、必ず悲嘆と苦痛が伴うことでもあります。

        自死も他の死も、結局分からない。だから逆に生きてる意味も分からない。
        答えは出ないけど、とりあえず今日生きてみる、という感じです。
        何に祈ってもこちらの思い通りにはならないから、でもそれはもう神仏の采配に任せるしかないのかな。

        しろちゃんさんの友人はとても温かい方ですね。優しい子供のお母さんは優しい。
        その言葉、ありがたいですね。そういう肯定を、もっとずっと昔の自分にかけてあげたかったな。

        Kikiさんの心の傷、踏み込んではいけないとずっと思っていたけど、今朝はすぐに返信したくなってしまって。
        多分、私自身を投影してしまってるんだけど。
        でも、Kikiさんが困惑するかもしれないけど、なんとなく私が言わなきゃと背中押されてる気もして。この2ヶ月の間にもう、二度目。別の人なのですが。代わりに伝えて、と言われているような。
        霊感なんか全然無いのに。
        Kikiさんに踏み込み過ぎてしまって申し訳ない。でもあとはKikiさんに任せます。

        しろちゃんの言葉、この3ヶ月でとても影響されました。
        まだまだその日暮らしですが、本当にありがとう。

      • とり子さん、大丈夫ですよ(^_^.)

        今、ACAのステップワーク5に取り組んでいて、日々みんなで心の奥深くにあって癒されていない傷を確認中ですから。
        それは、自分が受けた親からの間違ったメッセージや所作だけではなく、自分が気付かずに無意識にしてしまった間違いにも目を向ける作業で、とても辛いですが、ここを辛いからと言って取り組まずにパスしたり、軽く流したりするとその後のワークが功を奏さないことになるので向き合ってます。

        だから、とり子さんとのやりとりはタイムリーでした。
        私たち、人のためだったら飛んで行って助けようとするのに、自分のことや家族のことには厳しくなりすぎてしまう…
        人間だから、いえ、残念ながら私たち人間だから生きていれば間違いもあるし、傷つきもする。
        そこに、愛がないのではなく、正しい伝え方を知らない、というか教えてもらわなかったから…、そう、「全力で間違ってしまった」のだと思います。
        気持ちを、ちゃんと伝えられないと、おかしくなってしまうのだけれど、自分や家族を傷つけずに伝える健全な方法も学んでこなかったら…

        今、練習中です。
        立ち止まって、考えて、「これでいいのかな」「どうすればいいのかな」って(^_^.)
        毎日、練習中。
        ヨガの先生が言っていたように、成果を期待せず、ただ毎日取り組むことが大切と思ってやってます。

      • Kikiさん、ACAのステップワーク、そしてヨガ。ある意味、とても恵まれた環境に今ありますね。
        私自身のACの自覚からもう10年は経ちますが、やはり自力ではどうしても難しい。子供の不登校、そして死。否応なく突きつけられる現実で、変わらざるを得なくなる。

        ただ、自覚があったこと、自力で考え続けたことには意味はあったと思います。でも力及ばなかった、間に合わなかった。そして、もしかすると、彼女の魂の運命だったのかも、と。
        その日暮らし、その日をただ生きること、ヨガのようにただ毎日取り組むこと、きっと共通するのでしょうね。

        Kikiさん、通夜の時にどれだけ傷ついたのか。察しても察しきれない。
        自分のこと棚上げで、とかそういうこと全く抜きで、本当に単純に、その時その場面のKikiさんの肩を抱きたい。

        私はまだ誰かを助ける力はないし、そういう自分になれる自信もないけど、
        過去の自分の傷ついた場面も、これから出会う自分や大切な人の悲しみにも
        、ただ手を取ってあげることができるなら。

        ある人が、DoではなくてBeなんだ、と。子供に対して何をするかではないと。ただ、そこに在ること。
        Doしがちな自分にとても難しい課題ですが。
        「Stand by me」byが大切なんだなと。きっと、子供相手のことだけではないのだと思います。
        生き直すには年を取りすぎたけど、それでもまた今日も一日。
        Kikiさん、ありがとうございます。

      • さっきのコメント送れてなかったみたいなので

        とり子さん。もう寝た?もう日付変わったもんねえ
        ロックオンされとるけんねえ、とり子さん(笑)

        すでに貴女は解脱の域に半分到達してますね。
        追い越されたなあ。
        短期間でそこまで。
        あと読書お好きなんですね。、きっと。

        kikiさんにも直球勝負だし(笑)
        新星あらわるって感じ。
        藤井四段並みですねえ。
        すでに、ひふみんアイもしてるし。
        迎え撃つkikiさんがまたまた。
        あのイケメン棋士みたい。

        日にちを自由に行き来して、
        時をかける(元)少女 の私たち

        さてここで集ってるのにkikiさんやら由紀子さんが
        気づくかねえ(  ̄ー ̄)
        由紀子さんどこいったかねえ。

        明日またここに出没してみようかね。

        おやすみなさい(。-ω-)zzz

      • おはよー、って時間ではないけど、しろちゃん面白すぎる。
        私が解脱の域に半分でも達してるんなら、何か立ち上げて壺でも売って儲けますって(笑)
        全然ですよ全然。だから私も家族も苦しんだから。
        直球投げるのは、一応相手を見てからにしてるつもりです。でも若い時は誰にでも直球だったかも、、、あの頃の皆さんごめんなさい。
        年を重ねるのもいいことあるんですよね。それを娘にも味わって欲しかったな。本当にbittersweet。

        幼い頃から、なんとなくこの子の魂は私より上?という感覚があったもので、、、不思議な子で、不思議な感覚でした。
        幼い私の相手をするのは疲れてしまったのでしょう。

        私はまだ立ち尽くしています。楽になりたいような、なりたくないような。
        悟りたいとか解脱したいとかは思ってないです。

        こうして一息ついていると、何故か犬猫が寄ってきて近くで寝始める。
        なんなんだろう。
        でも今この一瞬、多分幸せというのかもしれない。

        ひふみんアイ、持ちたいですねー!

      • とりこさま。
        いやいや。かなり悟ってますって。
        私はまだそこまで深く入ってないし、
        やめとくか、と楽なほうへ行きそうですから。

        ひふみん福岡出身で、それはもう天才棋士ですもんねえ。
        いまは愛されキャラだけどね。自画自賛しても 
        可愛いっていわれてるし。
        ひふみんアイって、立場変えて物事みるわけで、
        やっぱ将棋は人生そのものですね。

        うちも将棋習ってたから、人生学んでほしかったなあ。

        壺ねえ。なんかさ、壺よりさ、ガラス玉を仰々しく が良くないかなあ。まさかの風呂の残り湯は不味いけど。

        キキさんスルーしていったし、由紀子さんは気づいてないし、うちら
        しばらくここで密会して遊びますかねえ(^.^)ノ

      • Kikiさんとのやりとりも濃くて学びがたくさんあるのですが、
        今日はリアルライフの方もなかなか濃くて学びの最中です。
        さきちゃん、お母さんにどんどん課題出すのやめてー。追われて大変。

        しろちゃんさん、私はもう寝ます(笑)
        でも、Kikiさんはスルーしてないですよ(笑)ちゃんと見守ってくれてます。

        しろちゃん、楽な方に行くタイプじゃないですよ。むしろ逆。楽な方に行きたい、と思ってるかもしれないけど。
        いっぱい背負ってる。しかも逃げずに頑張ってる。照れ隠しなのかな?

        うちの夫が怪しい霊媒師の格好して適当なこと言ってガラス玉売ったら売れそうなんですけどね(笑)。
        ひふみんの若い頃がなかなかのイケメンで、クリスチャンというのも世の中摩訶不思議。
        ああ、この哀れなバカな私達を、お見逃し下さいKikiさま!

      • とりこさま。
        うちの夫は、あほだら教教祖と自称してました。今は人類猫化作戦を実行したいそうです。ほったらかしてます。

        さきちゃん、こきつかってるんですねえ。
        夫も一周忌当日徹夜仕事で、
        ひどいよ、おとうちゃんこきつかって、と。

        ちなみにわたしも母の件でややこしいことを処理しないといけなくなりました。
        他になんか出てこないだろうな。どうも10年前から認知症発症してたみたいで、面倒なのは放置したり、処理できたと作話してたりで、全容が判明せず。
        専門家に依頼しないといけなさそう。
        親って子供にすべて話さないから。
        でも被災してて書類が全部はないかもで。
        困ったものです。
        娘のことで寂しいなんて泣いてると暇そうだなあと難題がね。すっかりそれの処理です。

        今日から晴れ。
        朝倉は37℃になりそうです。
        早く逃げたら良かったのにとネット書き込みあったらしいけど、
        あそこは道は川沿いで、一本しかなく、しかも平地までかなり遠い。川が六時間で100倍に増えて、土砂と木が流れて隣の道をふさぎ、避難できなくなったかた、
        一晩中濁流のなか、物につかまってたかた、流されたけど助かった、でも一緒にいた奥さんがみつからないかた。
        平地とは違いますよね。山崩れてるんだから。
        東日本震災で救助あたったかたが応援にいらしてて、
        あの東北の現場に似ていると話されたとか。
        募金しかできないけど募金って生活再建にかなり役立ったから、助かるんですよ。

        キキさん 
        遊んでてすみません。

      • しろちゃん さん。
        地震、水害、今度は猛暑。しろちゃんにも次々と課題が出ているようですね。私もですが、身体に気をつけて下さい。

        変ですね。死にたいのに生きたい。みたいな。
        死んだら楽だな、と思うのに、生きたいと思う自分も確実にいます。
        娘の死を、どこか直視したくない自分もいます。私は誰にでもオープンにしてないので、我ながら卑怯です。

        どこまで出来るかわからないけど、私のお役目らしきこと、とにかく取り組んでみようと、直観した今です。

        猫、いいですよ。なりたい。

        ここ、密会なのかな?!

      • とり子さま
        いいねえ、密会(* ´ ▽ ` *)
        昨日は片付け中に足ぶつけてしまい、病院いったら、指を骨折してました。
        帰省しばらく無理。
        でもちょっとほっとした自分にびっくり。
        休みたいのかな。
        しばらくおとなしくします。

      • しろちゃん さん。足指骨折ですか?
        痛かったでしょう。大事にして下さいね。
        いつものしろちゃん風に考えると、娘さんやご先祖様が「休め」って言ってる。
        ほっとした自分、びっくりですか?

        しろちゃんと、私、多分似てるのは
        自分の身体の声を聞くのが苦手だと思います。理性と感情はしっかりあるけど、もう一つ、身体の反応に鈍いというか、多分ちょっと鈍らせてないと無理が出来なかったのではないかな。

        多分しろちゃんも私も、無理しないといけない場面がまたやって来る。だから、今、休めるのなら出来るだけ休んでおきましょう。休んだっていいじゃないですか。休もう!

      • とり子さま
        ありがとう。小指ぶつけてね。中節骨骨折ていうんだって。歩くと痛いね。
        帰省は三時間かかって、だいたい一万歩ほど歩かないといけない、電車は満員、立ちっぱなしなんで、ますは1ヶ月帰省しないせ、かのうなら普通に歩けるようになる2ヶ月過ぎるまでおとなしくしようかと。
        光線過敏症ですしねえ。
        怪我してホッとしたのは事実です。
        しばらく休めるかもって。
        本当はなんにも心配せず休んでたいんですね。
        というわけで、昨日も容赦なく夫の忘れ物届けに片道10キロ運転とか、大変だったけど、骨がつながるまで極力安静にしたいです。

      • しろちゃん さん。
        本当に何も考えずに休んでいたいですよね。

        ところで、
        Kikiさんに、私、やっぱりダメなことしちゃったかな。
        しろちゃんにも皆さんにも迷惑かけてしまったかな。

        この場を壊してしまったかな。

        申し訳ない。

        Kikiさんのワークが上手くいくこと、心から願っています。
        それにしても、毎日、難しいなぁ。

        しろちゃんがもし良ければ、私の休眠ブログにコメント下さい。
        もちろん無理はしないで下さいね。
        しろちゃんが必要だと思えば、でいいです。

  2. Kikiさん、スフレ美味しそう、私もおじゃましたかった!うちの娘が代わりに行ってたかも、です。チョコも甘いものも大好きでした。最近はビターにハマっていて、いつもカカオ70%のものを食べていて、、、とにかくビターな女の子でした(笑)

    Kikiさんのように毎日を送れるようになるには、まだ私には時間が必要なのかもです。案外毎日毎日泣けるものですね(笑)私ってこんな人だったっけ?
    何十年も生きて、でも「初めて」がいっぱい。

    娘が死んで、ふと目に入って思わず書き留めた言葉、ご存知かもしれないけど。
    「人は自利を得ているから、利他行ができる。自利を得ていないと、利他行はできない。」『浄土論註』
    私が深い諦めを、早くに持ったのは、まさにこの思いだったのです。私は人生に溺れ惑っていた。泳げない人は溺れる人を助けられない、羅針盤を使えない人は航海士になれない。
    娘に、こんな母親でごめんね、でもどうしようもなかったね。そんな思いです。自利を先にする。さきちゃんが身を持って教えてくれようとしたのは、このことなんだろうな、と思います。

    神様にも仏様にもご先祖様にも祈っても願っても叶わなかった。
    それでも、今日、笹の枝を手折ってきて、そう、七夕の飾りを作ります。毎年してきたこと、去年は寮にいて不在の娘の願いを代わりに書いたこと、やっぱり泣くけど(笑)、叶わなくても自分や誰かのために祈る、そんな心持ちだけは持っておこうと思う、たった今なのです。

    そう、Kikiさんと、このブログに集う皆さんのことも、勝手に祈っておきますo(^-^)o

    • とり子さんの言葉がとてもよくわかります。
      まるで自分のことのようで…、悲しいです、もっと早くにわかっていたら、間違いに気が付いていたら、と…
      私は、「泳げない人」であり、「羅針盤を使えない人」であったのに航海士面して子供たちを導いているつもりでした…

      何十年も生きて、でも「初めて」がいっぱい…、本当にそうでした、この二年と九か月。
      子供の時はいじめられても、たとえどんなに苦しくても「泣かない子」でした。
      その分も全部含めて一生の分の涙を二年で流したように思います。
      泣いて泣いて、また泣きました。
      泣くしかできることがなかった…
      でも、泣けて良かった、とも思います。
      泣けなかったら、もっと苦しくて辛くて、亡くなった娘の人生さえ無にするところだったかもしれません。
      親として、死んだ子のために泣けないとしたら、それ以上に苦しいことはないと思います。

      七夕、ああ、忘れていました…
      子供たちが願いを書いていたっけ…

      とり子さん、優しさをありがとう。
      決して忘れません。
      私も祈ります。

      • Kikiさんのブログを伝言板代わりに使ってしまって、相変わらずごめんなさい。あらためてこの場所を作って下さってることに、心からありがとうございます。

        七夕飾りは、結局、願いというよりは今の思いの呟きと、ありがとうという言葉が多くなりました。願っても叶わないこと、身に沁みてますし。Kikiさんと、ここのブログに集まった皆さんへの「ありがとう」と少しの平穏への願いと。

        私も泣かない人でした。10歳くらいからは五本の指以下だったかも。毎日毎日泣いている自分にびっくり。
        昨日、百箇日法要だったのですが、法要中ずっと泣いて自分でもまたびっくり。お坊様の法話、とても気遣って下さってるのは分かっても、どうしても引っかかることがあってつい自分の感情を吐露してしまったり。お坊様は理解して(くれようと)下さいましたが、夫はダメみたいで、悲しみにくれる私を受け入れられないみたいです。仕方ないです。

        毎日泣いているといっても、何か違うなと思ったら、最近の日常は娘の不在への淋しさの方が強くて、法要のそれは「死」という現実への直面なんだなと、あらためて娘の死へ向き合うことには時間がかかるのだと再認識しました。仏教的な法要は、本当にグリーフには大切なのかも。形だけでも、位牌や遺影に向いて手を合わせていくのは大切かもしれませんね。

        お坊様は「お陰を頂く」「悲しみを通して、大きな、人の世の悲しみと出会う」「あの世の、人の命の源にいつか皆還るということ」といったお話しをして下さいました。有り難いこと、人として大切なことと理解しつつ、「学びがなくても気付きがなくてもそのままの人生を望んでいたこと」「罪悪感、悲嘆から、生きていたくないとも思ったこと」「他者の悲しみは本当には理解しようもないこと」
        などつい話していました。
        耳を傾けて下さるお坊様で良かったです。

        それでも、その時までは生きていこうと決めたので。
        今日もその日暮らしですけど。
        泣けて良かった、と思う日が来ますように。Kikiさんに辛い気持ちを思い起こさせてしまって、私にお付き合いさせてしまってごめんなさい。どうかご容赦下さい。

      • 「伝言版」代わりに使っていただいたら嬉しいです。
        少しでも私のブログがみんなの役に立っているという事ですもの(^_^.)
        気にしないでください。

        百箇日法要だったのですね…
        悲しみが新たになる節目ですね…
        お坊様が説教臭くない心のある方で良かったです。

        「辛い気持ちを思い起こさせてしまった」なんて、全然ですよ。
        思い起こすというより、いつもそこにあって、いつもはバックグラウンドミュージックのように流れている感じですから。
        私にとって涙はお薬、ですから、泣ける機会を頂いてかえってありがたく思います。
        心を分かち合える、それこそが癒しに繋がっていますから。
        悲しむことは決して悪いことじゃない、いや、それとごろか楽になる道と、私はそう思っています(^_^.)

      • Kikiさん、「泣ける機会を頂いてありがたく」なんて言葉をかけてもらうと、もう、、、なんというか、Kikiさんが、仏様みたいに見えます。ああ、また泣いてしまう。
        まだまだ悲しみから逃げたい自分、でも本当にちゃんと、一緒に生きていく覚悟、これからは少しずつそんな悲しみや涙を大事にしたいです。
        生き仏Kikiさん、思わず画面に手を合わせます。

      • とり子さんにそういってもらって救われます。
        ありがとうございます。

        でも、私はそんな風に褒められる資格はないんです…
        通夜の席、別れた夫から「○○(次女の名)は、あんたのことを偽善者だといっている」と、吐き捨てられ、翌日の葬儀には出席を許されませんでした。
        子供たちが大学に行く年になり独り立ちしたのでもう私がそばにいなくてもいいだろうと、離婚しアメリカに渡ったのは大きな間違いだったと思います。
        自分の幸せを求めたことが、こんな結果になりました。
        母親として一生許されることのない罪をしょって生きています。
        だから、これからも泣き泣き生きるしかないかなあ、と…

        生きるって本当に辛いです。
        それでも、青空を眺め大きく深呼吸すると生きていることに感謝の気持ちがわきます。
        不思議です。

      • Kikiさん、おはようございます。
        というのは今日本は朝6時半、目覚めたところです。
        一昨日は百箇日法要でずっと泣き続けてるそのままの夢を見て、昨日は内容は覚えてないけど娘がいる夢を見て、今日は、、、夢は覚えてないけど、猫窓がカタカタさっきから音がして。風のせいです。
        昨日仏前で思わず、いつまでこ余生を生きるのかな、と涙して、七夕飾りの笹と小窓のレースカーテンが揺れるのを見てました。

        私は、私達は(あえて言いますね)偽善者だったと思います。今もそうかもしれません。
        でも言わずにはいられない。Kikiさんが自分の幸せを求めたことを間違っていたとは私には思えない。私の事情とKikiさんの事情は、似てるけど違うから、全て当てはまる訳ではないけど、私は長女からも次女からも、もっと自分の人生を生きろ、と言われてきてるような気がして。
        確かにACの自分がACの夫と、脆弱な子供を育ててしまって、次女が犠牲になって、取り返しつかないし本当に悲しみをずっと持ち続けていくのですが、彼女の環境、運命、性格、色んな要素が重なっていて。私もKikiさんのように「自分には資格がない」とこれからも何度も思うかもしれないけど、
        Kikiさんだけのせいじゃない。ましてやKikiさんが幸せを求めたせいじゃないと思う。
        自分にとっても厳しいことを書きますが、形だけの、人から見栄えのよい幸せを求めて自分と子供の心を犠牲にして、それをやめて自分の心の幸せを本当に考えて、感じて生きる。
        もっと早く気付けば良かったと本当に思いますが、気付きのない私達がいくらあの子達のそばにいても、どういう形でか害をなしたのではないでしょうか。
        形見になった壁掛け時計、これまでコメントに書くことはしてなかったけど、娘さんお二人からの、お母さんへの想いがこもってますよね。次女さんも辛くて辛くて、一番キツい言葉をぶつけるのはお母さんなのは、本当は一番甘えたい相手だから。でも、私達も傷つききっていて、皆、傷つききっていて、思いやる余裕もなくて。

      • しろちゃんみたいに途中でコメント切れてしまった(笑)

        続きます。

        私の夫も、自分が一番辛い人です。まだ気付きのない人です。もし次女が生きていて、娘二人が独立して、夫婦二人で向き合ったらどうなっていたか。
        私、Kikiさんと同じような選択したかもしれない。娘たちはショックかもしれないけど、でもなんとなく、ああやっぱりと言ったかもしれない。

        Kikiさんとは喪失の時期が違うので私の歩む道は違ってくると思いますが、私も夫を頼り、向こうも私を頼り、家族って厄介だけどこういうものなのかなと思いながら。

        いつかもコメントで似たような話があったかもしれませんが、娘はお母さん助けて、と思いながら、お母さんに迷惑かけたくない、ともすごく思っていたのでしょうね。本当に辛い。
        Kikiさんの元夫さんが自分を省みることは生涯無いかもしれない。悲しみの根源を見るのには耐えられないからKikiさんを悪者にしないと耐えられないのでしょう。
        Kikiさんを仏様にして拝んでしまうことは、重荷になってしまうのかな。
        でもふと思うのですが、光は自らの中にある、とKikiさんが仰るように、その光が私から見えた時、それはやっぱり仏様で、どんな人の中にもあるものかも。
        悲しみ、辛さ、抱えたままで、丸々雲一つない幸せなんて望めないけれど、幸せになるのに資格も時期もなくて、多分優しい心のかさねさんだからこそきっとお母さんのこと、もう許してると思う。許せないのは自分自身。

        生きるの辛いです。早く迎えに来てほしい。
        私に何のお役目あるのかな。
        でも、また一日をやり過ごすのですけど。
        自分はこんな感じなのに、人にはアレですが、かさねさんも私も、Kikiさん幸せになっていいよ!!と大声で届けたい気分です。

      • とり子さん、いっぱいの思いやりの言葉をありがとうございます。
        目頭があつくなりました。
        娘が亡くなる一年ほど前からでしたでしょうか、更年期の私はせいかあちこち体の具合が悪くなり、中でも両膝に水が溜まり歩くことも難しくなったとき、亡くなった娘が今のとり子さんのように一生懸命励ましてくれました・・・

        正直、偽善者と言われたとき、ショックと共に『全くその通りだ』と返す言葉もありませんでした。
        言われても、娘から憎まれても仕方のないことをしたのだ、と、長女を自死で亡くし心の底からそう思いました。
        一生懸命子供たちを思い、家族を思い必死に頑張ってきたけれど、結局その頑張りは独りよがりのもので、自分の存在価値を認めてもらいたくて誰に対しても「良い人」になろうとして一番大切な人をなおざりにしていたのではないかと…
        両親も別れた夫も今から思えば典型的なACです。
        そういう意味で、自分の問題に気づいていないACにとって幸せとは、本当に遠く、頑張れば頑張るほど遠ざかっていくもののように思います。

        とり子さん、ありがとう。
        もし、娘が死んでいなかったら、自分の中の醜さをさらけ出し心を開いて自分の問題と向き合うこともなかったと思います。
        死ぬ時でさえ、仏には決してなれなかったと思います。

        とり子さんの言うとおりだと思います。
        みんな、自分の中に仏を持っている、ただ、それを見つけ他者にもその心でもって接することができるかできないかそれだけなのだと思います。
        でも、ACは、自分の存在価値の不確かさから恐怖にも似た不安を抱えて必死に生き延びているからそんなことに気づく余裕さえない。
        今は、わかるんです。
        光は、外じゃなくてうちにある、探しに行かなくても最初からそこにあった、自分の中に。

        悲しみの中にあっても光に満たされる瞬間、涙しながらも「生きている」ということに驚きと喜びを見出す瞬間、何も成し遂げる必要もなく、ただ感じることだったんですよね…

  3. キキさん、みなさんこんにちは。
    今日の午後、つい先程息子の友達がバイクを取りに来てくれました。
    と言っても、バイクは登録しなければ乗れないので、まず現状の確認して、登録してナンバープレートつけたら乗れるのですが。
    バイク、あの日からずっとエンジンもかけず、雨ざらしになっていたのにエンジン一発でかかり…ライトの類も全部完璧!
    わたしも息子の友達も拍手👏
    友達が御線香あげてくれ、2時間近くも
    智也の思い出話をしてくれました。
    この前写真立てに飾った息子の写真を見て、笑ってくれました。
    智也さんらしい。って。
    なんでこんなにいい友達が居て、たくさん笑っていたのに亡くなったのか?
    分からないけど、やっぱり息子は全力で仲間を守ったり、夢に出たりと忙しいみたいです。
    バイクにステファニーと名前を付けていた息子。友達もステファニーを大切にしてくれるそうです。
    ちょっと寂しいけど息子の思う通りになって良かったと。
    息子の友人達の笑顔も見れて、少し幸せ。
    特別な一日になりました。

    • 由紀子さま。
      由紀子さんって、息子さんの友達がすごいたくさんきてくれるのね。
      由紀子さんも職場やなにやら友達多いし。
      うち、娘の友達は一人だけきてくれたけど、いまだに傷癒えなくて疎遠になってしまいました。
      私の周りには三人くらい。でも他県だし滅多に会えないなあ。
      まだ子育て忙しいみたいだし。
      代わりに、他人様に親切にしていただいてるから、幸せかな。
      今日は一年ぶり初めてお隣のご主人が、わたしの背中にむかって挨拶されました。
      こちらからしても隠れるようにサッと行かれてたけど。
      奥さんは相変わらずでしたけどね(^_^;)
      ご主人は夫の会社に知人たくさんいるみたいで、たぶん事実をご存知ですが。
      一年すぎ、こちらからはきちんと挨拶していたし
      なにか思うとこあったのかな。

      実は数回書いてるけど、海老蔵さんがブログで心境書かれてから、その喪失感などを呼んで、私に対して、より労ってくださるかたでてきたんですね。

      私がそこまで言わずに元気仮面つけてたから、
      海老蔵さんの正直なコメントで初めてよくわかったとも。

      死因違うし状況違うけど
      大切な人を失う辛さは変わらない。

      由紀子さん、ダークサイドに落ちかけてたけど、救われました。ありがとう。
      マジでダース・ベイダーになるとこだった。
      私にもフォースないかなあ。
      とりあえず、うちの娘と共にあらんことをかな( ゚ー゚)

      • しろちゃん。
        少しでも上向きになったなら良かった!
        うちの子は何でも名前付けるの。
        謎の日本人形をリサイクルショップで買って来てカナちゃんと名付けたり。
        以前の携帯はよしえだった。
        どんなセンス?
        ちょっと変わってましたね。
        ステファニーは真っ赤な綺麗なバイクだった。
        写真も撮り息子の写真と一緒にかざってます。
        わたしの友達…
        結構少ないと思う。
        わかってくれる人が少し居てくれたらいい。
        息子の友人はなんだかんだで繋がりあって、支え合ってるみたい。
        うちの子は不思議な子で誰にでも笑顔で話しかけていくらしい。
        仕事場の外国人や中華料理屋さんの店主ともすぐ仲良しになって、名前で呼び合うほど。繋ぐ子だったんだろうな。
        息子が居なくても繋がりあって思い出話してくれてたら息子もそこにいるんだろうな。

        海老蔵さんのブログは痛々しいね。
        色々かんがえちゃう。
        海老蔵さんも悲しむ時間が必要なのに。
        そんな時間もままならないなんて。

        しろちゃんは文才があるんだよ。
        楽しませる才能があるんだね。

    • 追伸
      男って、なんでバイクに女性名つけるのかしらね。
      うちの夫のバイクはチャコでした。チャコって誰?
      今度はあたしの名前つけてやる(。-`へ´-。)

    • 由紀子さん、良かったですね(^_^.)
      智也さんのお友達が訪ねてきてくれ、そして思い出話をしてくれて。
      自分の知らなかったわが子の一面を知ることってまるで今も生きていて新しい時間を刻んでくれているような気がして嬉しいですよね。

      ステファニーですか、きっと美人さんのバイクなんでしょうね(*^_^*)
      素敵

    • 由紀子さん、バイク良かったですね。息子さんの友人との交流があることも、素敵だなと思います。それを一緒に笑い合える由紀子さんは、本当に優しい方なんだな、とも。

      寿命、定命(じょうみょう)とも言うそうだけど(仏教)私の娘も、夢もあり、友人もあり、勉強にやりがいを持ち、それでも、、、。客観的に言えば摂食障害から発作的に鬱状態、なのだけど、定命だったのかな(涙)。

      この3ヶ月の間に、私自身も本当に苦しくて、本当に苦しいってこんな感じ?と、なんだか追体験してる気分です。もちろんそれでも本人に成り代わることは出来ないけど。
      誰にも必要とされないのは絶望ではあるけど、誰かに必要とされることが必ずしも自分を繋ぎとめる訳ではないことも感じてます。

      beとかbeing。日本語でどう表現すればいいのか。
      まだ霧の中です。

      でも、息子さんは、羽ばたいてる。
      一緒に飛びたいですよね、本当は。
      うちの娘、バイクの免許取りたいって死ぬ前に言ってたんです。あと二年待って、って私は言いました。

      私、後悔してますよ(笑)

      • とり子さん。
        娘さん、バイクの免許取りたかったんですね。うちも高校生の時はやめて。って言ってました。
        でも勝手に原付の免許は取ってきました。
        いつも事後報告でした。
        バイクも勝手に買って来てましたし。
        成人してからは反対もしませんでしたが。
        バイクで事故した時は電話で凄く謝ってました。
        怪我は軽かったけれど人生初の入院に
        かなり凹んでました。

        今は寂しくて泣いたり、思い出に浸って時間が経ってしまっていたり。
        私ってこんな人だっけ?って私も思います。
        今は自分に甘々で友達や家族にたくさん心配かけて生きてます。
        メンタルクリニックの先生は
        まだ自分の感情を持て余している時期ですね。この状況で介護、ケアの仕事はまだ無理です。
        自分のケアが出来てないのに他人のケアは出来ないでしょう。と、職場の看護師さんに言い切ってました。
        まだ半年。
        悲しみとの共存は難しいですね。
        寂しい。悲しい。
        会いたい。
        様々な思いが行ったり来たりしてます。
        親として未熟だったからこうなってしまったのか?
        などと考えたりします。
        もうすぐ七夕ですね。
        私も短冊に願いをかいてみます。
        私たちの子供達が安らかでありますように…

      • 由紀子さんは半年、私はまだ3ヶ月。グラグラしてるのは当たり前ですよね。大事な子供を亡くして、すぐ元通りなわけなくて。
        でも、少しずつ笑えたり、何かを楽しめたりする自分もいて、それが単純に喜びにもならず、ふと自分の軽薄さに罪悪感持ってしまったり。
        私は親として本当に未熟だったので、というか、人として未熟だったので、そこはもういつも娘に「ごめん」って言っちゃいます。「許してね」。
        知り合いというか、友人に「少しは元気になった?」と声をかけられ、

        答えようないんです。悪気ないのは分かるし確かに少し元気になったけど、元気だよ、とも言えないし言いたくもない。難しいですね。こういう経験したことがない人から発せられる言葉に自分がすごく拒否感持ってしまう。
        あくまで私側の心の問題だけど、淋しいけど誰とでも繋がりたくはない。
        私、さらに気難しくなっちゃった?

        私も医療介護系の人だったのですが、今は復帰は考えてません。由紀子さんと同じです。先は分からないけど、復帰は目指してない、目指すのはそこじゃなくて自分に優しくあれる場所。でももし結果的にそれが元に近いものなら、それは構わないですけど。

        バイクの免許、いいよ、って言ってあげたら何か変わっていたかも。そう思うと胸が詰まるし、それでバイク乗った翌日に事故で死んでも娘はそのほうが良かったかな、なんて。

        実は昨日、家の近くの川が増水して、半日自主避難してました、犬連れて。心配してくれる人、ありがたかった。でも近所の年配の人に気を配れるほど私は優しくなかったな(笑)結果的に全然大丈夫でしたが。
        しろちゃんが心配です。多分福岡ですよね。今日も九州は雨。私の住んでいる所も、またいつ大雨か分からない。
        今はこのブログ通してしか心配のしようもないけど、もう辛いことが増えませんように。
        由紀子さんも、いつもありがとうございます。

  4. キキさん!チョコレートスフレ すっごく
    美味しそうです!
    あー!近くにいたらご馳走になりに行きたい!
    ちょとした満足感。
    それは私にもわかる気がします。
    スクランブルエッグが好みの硬さになった時、
    煮物の味が一発で決まった時。
    コーヒーが好みの濃さで淹れられた時とか。
    食べる事ばっかりじゃん!
    本当にちょっとした事なんですけどね。
    嬉しくなる。
    そういうことの積み重ねなんですかね?
    喪失感もあるけど、それだけじゃない。
    嬉しい事、楽しめる事、気持ちよく暮らせる事。
    少しでもあれば今日を乗り切れる。
    そんな風に最近思います。

    • 由紀子さん、ありがとうございます。
      自分でいうのも何ですが、超上手にできて、かつ、おいしくて満足、プチ幸福感でした(*^_^*)

      悲しいこと、辛いこと、でも、感じようと思えば日々のちょとしたことに「嬉しいこと」「楽しいこと」も見つけられ、それで日々を生きていける、これが喪失と共存して生きていくコツなのかなあと思います(*^_^*)
      バランスを保って、悲しみの中でも気持ちよく自分に満足して生きる、そうしているうちにお迎えがきたらいいなあなんて思います(^_^.)

  5. おいしそう\(^_^)/
    うちの娘もお呼ばれしたかも。チョコ大好きだったから。
    ここんとこ不規則な生活でさらに太ってさすがにダイエット中なんですが、なかなか痩せませんね。
    早朝とか結構ウォーキングしてるのに。
    来月あたりから屋内プールにいこうかな。

    今朝ひとりでウォーキングしてたら涙たくさんでてきて。
    一緒に歩いたなあとか、自分責めたりね。
    かえりみちは顔見知りの
    農家の前通ったら、大好きなおばちゃまがいらして。
    久しぶりだからと、畑で取れた西瓜たべさせてくれたり、トマトくれたり。
    お姉ちゃんにお供えしなさいとね。
    娘はここの無農薬野菜大好きでしたからね。

    昨日、娘にかなり意地悪していた同級生が、第一希望の難関私大に合格して、予備校のPR体験文を書いてるのを読んでしまい、

    怒りや情けなさでいっぱいでした。

    あの家族はいつも日のあたるところで、やりたいように生き生きしていて、うちはどうしてひどい目にあったうえに娘がこんなになって、近隣からまでさらに蔑まれているのか。

    久しぶりに心がざわざわ、ダークサイドに落ちそうに。

    そんな心を救ってくれた気がします。

    麻央さんのブログを英訳しだしたようで、ふと考えたことがありました
    彼女は、
    なりたい自分になる
    と書いて頑張ってましたが、

    私はどうだろうと。

    娘が亡くなったあとの、なんにもやる気しなくて休んでばかりの自分。
    本当はやりたいことがあったよなあと。

    私も、なりたい自分になる。

    娘が独立したらやろうと考えてたことを少しずつ。
    水泳とか語学とか。
    もちろん最初は放送大学の全科履修生になり、10年間在学し続けて、好きな授業を好きなスピードで履修していく。
    前学長も入学して学んでるくらい面白いので。

    ひとをうらやむのではなく、自分のやりたいことに目をむける。

    さて、月末の科目認定試験にむけて勉強です。

    アリゾナは暑すぎですよね。
    気を付けてお過ごしください。

    • しろちゃん。
      しろちゃんはすごいと思う。
      なりたい自分になる。って計画を立てて
      勉強して。ご実家の事も。
      努力家なんですね。
      私は勉強あんまり好きじゃないし。
      これからどう生きようか模索中。

      私も人の幸せを羨ましく感じたり、
      妬んだりする時あります。
      その後落ち込んで泣いたりね。
      泣くとスッキリしたり、しなかったり。
      自分が嫌いになったり。
      自己否定に陥ったり。
      天気と同じで不安定です。

      でもね。わたしはしろちゃんのユーモアのあるコメントで力を貰ってるよ。
      わたしが落ち込んでる時も救ってくれた。
      そんなしろちゃんが大好きです。
      お勉強、応援してるから。

      • 由紀子さま。ありがとう。
        そうだなあ。勉強はそこまで好きではないんですが、やりたいことをするために準備してるとこはあります。

        あと好きな科目って料理習うのと一緒かな。
        少年老いやすく学成りがたし。
        すごく実感します。

        残された人生、もう自分のために生きていいのですから。
        泣いてばっかりじゃあもったいないよなって。
        同じ2~30年を泣いて生きるか、好きなことして生きるか。
        まあ、喪失感からは逃れられないから、泣きながらだけど、

        子供に先立たれて、以後ダメになったかわいそうな母って
        それってなりたい私ではないんですよね。
        麻央さん風に言えばね。

        私の祖母は子供8人に先立たれ、残った二人とも引き離され、つらい人生でした。
        人生の最後ではようやく孫と子供と暮らせたけど、苦悩に満ちた人生でした。
        それでも人を妬むこともなく、淡々と受け止め、毅然として自立し、人への優しさを忘れなかった。観音様みたいといわれていました。
        最後は、皆を守るからと言い残して亡くなりました。

        あんな風に生きていかなければ。

        と、頑張ってみてます。

        う~ん。
        コメント面白いですかねえ。実は自覚ないんですよ(涙)
        わざとでないし。
        どこが面白いかもわからん。
        そういや昔、とある男性から、
        君と結婚したら一生楽しめそうといわれ、
        バカにすんなや(`Δ´)ってね。

        でも夫も、お前面白い奴っていうし。

        そういや娘も面白いこという子でした。

        わたしも由紀子さん大好きですよ。

    • しろちゃんさん、辛いですね…、娘さんに意地悪だった子が成功しているのをみるなんて…
      世の中本当に不公平、理不尽。
      でも、良かったダークサイドに落ちなくて。
      ダークサイドに落ちても、肝心のその子は何の不自由なくこれまで通りの生活送るだけで、苦しむのはしろちゃん一人ですものね(._.)

      好きなことを思いっきりやるっていいですね(*^_^*)

    • しろちゃん さん。
      皆さん、やっぱり泣いたり、自分責めたり、その時々でさざ波が立つんですね。何の救いにもなりませんが、私も同じです、としか言いようがないです。

      私も、多分娘に意地悪だった人が幸せそうだと心穏やかじゃないかもです。
      でも、ふと思うのは、きっと罰が当たるんじゃないかな。罰が当たれ!と願ってるんじゃないですよ(笑)
      なんて言うか、死んだ娘の魂の、その尊さやお役目は生きてる私には結局計り知れない気がするし、何かや誰かを傷つけた人がいつか刈り取るその収穫もまた、生きてる私には計り知れないかもなぁ。私が手を下さなくても、それはいつかその人に返るのかもしれない。ぼんやりと、そんな風に思っています。

      しろちゃんの言葉のお陰で、私は娘の夢のメッセージを受け取ったし、夫の夢にもそれを感じてます。今、風や光や蝶や鳥、突然駆けてきた小犬にまで娘を思うのも、しろちゃんの言葉の影響は大きいんです。
      ダークサイド、上等。ダースベーダは人気キャラ、しかも本当は、、、。
      多面体のしろちゃん、そして私たち、
      仲間ですよね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください